ホーム > 出来事 > ボロボロの柵

ボロボロの柵

私が勤めているクリーニング会社で使用している倉庫があります。
クリーニング会社なんだから、キレイな倉庫だと思うかもしれませんが、これが酷いんです。

その敷地を囲っている木柵の一部分が腐ってボロボロになり、挙句の果てにはキノコまで生えています。
見栄えが非常に悪いのは確かですが、ボロボロになっているのは建物の裏側で、裏に回って見ない限り外からは全く見えないのです。

それでも何とか補修してくれ!と以前から上司に言われていました。
そして先週ようやく重い腰を上げ、2日がかりでそれの修理を行いました。
まったく私は大工じゃないんですよ。笑

修理といってもここまでボロボロでは、新しいものを作って取り替えるしかない。
木材や塗料をはじめ、釘やビスなどは予め購入してあるので、それを組み立てて塗装して取り付けました。

上司はこういった見栄え、外面、外見というものを非常に気にします。
今回のような建物もそうだし、どうも外に対しては格好をつけたがる節があります。
それならば、他のクリーニング会社のように普段から気をつけていればいいのにと思います。
リネットクリーニングの評判を調べてみた!料金は確かに安いけど品質は?とみると、とてもキレイに管理されている雰囲気が伝わってきます。

とはいえ、私としてもこういった作業は嫌いではなくむしろ好きな方で楽しかったです。
作業をしてると疼くというか、私の祖父が大工なので血筋かもしれません。


関連記事

  1. ボロボロの柵

    私が勤めているクリーニング会社で使用している倉庫があります。 クリーニング会社な...

  2. テスト

    テスト記事です。...